歯のコラム

ストレスが原因で虫歯になるってみんな知ってた?

投稿日:

知らない間に虫歯ができてしまっていた、毎日歯磨き粉をしているのに、歯のケアに力を入れているのに虫歯ができてしまうってことよくあるんですよね。これってもしかしたらストレスが原因で虫歯ができてしまっているかもしれません。

ストレスが原因で虫歯になるってホント?

ストレスが原因で虫歯になる説って果たして本当なのでしょうか?答えは本当なんです。現代の世の中はストレスが溜まりやすい世の中です。

ストレスが原因でできる虫歯の種類は通常の虫歯と違っって少し違った虫歯です。「隣接面カリエス」と呼ばれる歯と歯の間にできる虫歯がストレスでできてしまう可能性があります。

ストレスや疲れが溜まっていると歯ぎしりをしやすくなるといったことを耳にしたことはありませんか?この歯ぎしりも歯と歯の間の虫歯の原因と言われております。

歯ぎしりをすると、歯の表面であるエナメル質が少しひび割れしてしまいます。エナメル質にひび割れが起きてしまうことによって、そこから菌が入り込んでしまい虫歯ができてしまいます。

歯と歯の間の虫歯ですので、素人が鏡で見ても正直分からない部分もありますので、虫歯がない方でも、定期的に歯医者で虫歯のチェックをしてもらうことをおすすめします。

ストレスが原因で虫歯になるのを防ぐためにすること

ストレスが原因で、歯と歯の間の虫歯を防ぐためにはいったいどうすればよろしいのでしょうか?まず、第一にすることはストレスを減らすことです。

次に歯ぎしりをしない生活習慣を送ること、歯ぎしり対策にマウスピースを導入することなどがあります。現代社会においてストレスフリー生活を送ることは非常に難しいです。

自分なりのストレス解消方法をいくつか持っておきましょう!

歯と歯の間の虫歯を防ぐために一番大事なことはストレスを減らすことです。ストレス解消方法が一つもないとどんどんストレスが蓄積されていくばかりです。

一つでも構いませんが、ストレス解消方法をたくさん持っておくことで有利になります。アニメを見る、漫才を見て笑う、悩み事があるなら話すなどなどストレス解消方法リストなどを作っておくといいでしょう。

ストレスを減らすことも立派な虫歯予防なので、ストレスを感じている方は、少しでも減らしていきましょう。

-歯のコラム

Copyright© ちゅらトゥースホワイトニング楽天NaVi|レッツ販売店舗調査 , 2017 AllRights Reserved.